ハリー・ポッターと賢者の石|20年経って気づいたこと

ハリー・ポッターと賢者の石

2001年、映画『ハリーポッターと賢者の石』が公開されました。

あれから20年。

2021年で20周年を迎えます。

これまで何度となく金曜ロードショーなどのテレビで放送され、その度に鑑賞してきた『ハリーポッターと賢者の石』ですが、20周年を記念して改めて鑑賞し直しました。

すると、公開当時のときには芽生えなかった感情や気づきがあったので、この記事で紹介したいと思います。

この記事はネタバレを含みますので、ご注意ください。

【伏線】動物園のヘビは何を表しているのか?

映画の序盤で、ダドリーの誕生日に動物園に行くことになった一家とハリー。

爬虫類コーナーで1匹の大きなヘビに出会いますが、そのヘビがハリーの今後を表す伏線となっています。

ハリーがヘビであり、ヘビがハリーです。

ハリーは両親を亡くし、ダーズリー家の狭い階段下の物置に入れられ、食事は与えらえているものの、奴隷のような暮らしをしています。

一方のヘビも、動物園生まれで家族はおらず、食事は与えられているものの、ショーウィンドウという狭い空間の中で暮らしていました。

似た境遇の両者が出会い魔法の力によって、運命が変わりました。

ハリーが魔法でガラスを消したため、ヘビはショーウィンドウから抜け出すことができました。

共通点の多いヘビが動物園から抜け出すということは、ハリーもダーズリー家から近いうちに解放されることを示唆しています。

同時に、安全な人間の世界から出る/動物園から出るということは、危険と隣り合わせの道を選択したと捉えることができます。

動物園で暮らす動物が幸せなのかどうかについて議論になることはありますが、これはハリーにも当てはまります。

見方を変えれば、現代社会を生きている私たちにも当てはまる議論なのです。

会社員や公務員は、安定的な収入が与えられ福利厚生が充実していて生活面での安全を手に入れることができますが、仕事の場所は固定され、労働時間や休憩時間、食事の時間までも細かく指定されている企業や機関が多いのが事実です。

ヘビは自身が置かれている環境に満足していませんでした。その証拠に、ガラスが消えたと分かるとすぐに外に逃げ出しました。

たとえ危険だと分かっていても、安定や安全よりも、自由を経験したかったからです。外の世界を見たいと思う好奇心が上回ったからです。

ハリーも同じく、自分の意思でハグリッドについて行く決断をして、魔法使いとしての一歩を踏み出しました。

まあ、ハグリッドの誘いを断り、一生ダーズリー家に付き従いました…めでたしめでたし!だと映画的に展開しないのは明らかですがね…あなたの人生はどうでしょうか?

会社員や公務員の暮らしが悪いとは思いません。

一人一人個性があるように会社員に向いている人と向いていない人がいて、だからこそ適材適所で働き社会が成り立っています。

会社員でもフリーランスでも、大事なのは自分の望む環境にいるかだと思います。

ハリーはダーズリー家での暮らしに不満を持っていましたが、ほかに選択肢はありませんでした。

そこに千載一遇のチャンスが訪れます。ハリーは迷うことなく、今までの暮らしとは別の道を選びました。

今より危険な目に遭うかもしれません。初対面の大男(ハグリッド)について行くのは勇気のいることです。それでも今とは違う生活を望んで、違う世界に飛び込みました。

ハリーのような冒険や挑戦や経験をしていますか?

夢物語だとあなたは言うかもしれません。ハリーは生まれつき才能があって恵まれていて特別だと言うかもしれません。

でも、あなたも同じくらい恵まれていて特別です。

現に、この文章を読んでいる時点であなたは恵まれています。字を読む言語力があって、記事を読める環境があって、そもそも生まれてきているだけで特別な存在なのです。

だから今読んでいる人が、会社員であれ、フリーランスであれ、芸人であれ、ミュージシャンであれ、フリーターであれ、ニートであれ、ハリー・ポッターのように「あなたの好奇心」をコンパスにして人生を楽しむことを忘れないでください。

もし「人生にワクワクやドキドキが減っているな」と感じた時は、好奇心のコンパスが機能していないかもしれません。お休みを取ってハリー・ポッターを鑑賞しましょう!

そして子どもの頃のような好奇心を一緒に取り戻しましょう。

¥199 (2021/12/27 15:13時点 | Amazon調べ)

20周年を記念して同窓会番組がU-NEXTにて独占配信中

映画公開20周年を記念し、来年2022年1月1日に配信サービスのHBO Maxで同窓会番組『ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ』(Harry Potter 20th Anniversary: Return to Hogwarts『Flying Scripts by WP Speed Matters)が配信されました。

HBO Maxの公式サイトでは、予告編の映像がYouTubeにアップされています。

当時のキャストが再結集して対談したり舞台裏を明かしたりするようです。

日本では、HBO Maxと独占契約を結んでいるU-NEXTで1月8日より見放題で独占配信されています。

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントの3人はもちろん、ゲイリー・オールドマンやヘレナ・ボナム・カーター…など、今でも映画業界をけん引する豪華キャストが一堂に会しています。

今のところ配信終了日は決まっていませんが、終わってしまう前に観ておきたいです。
U-NEXTでは無料トライアル期間が31日間あり、見放題動画を31日間無料でご視聴が可能です。
※ハリポタ同窓会番組のカテゴリは「見放題」なので、無料トライアル期間を利用して視聴することができます。

一方の映画『ハリー・ポッター~』シリーズ全8作品については、レンタル配信されています。
※レンタル作品は有料作品ですが、ポイントでの視聴も可能です。
「31日間無料トライアル登録」の特典として、600円分のU-NEXTポイントが付与されるので、ポイントを利用して3作品(1作199円〜)ほど無料で視聴できます。

無料トライアルを試してみたい方は、こちら↓からチェックしてみてください。

————————————————————————
本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

コメント

タイトルとURLをコピーしました